ホーム > 仕事 > 配偶者ビザ 更新

配偶者ビザ 更新

配偶者ビザ 更新の時期がやってきました。実は、私の妻は、日本人の配偶者のビザを、もう3回も更新しているので、永住許可の申請が十分出来るのですが、妻は、永住許可を申請したくない、配偶者ビザの更新をするといってきかないのです 笑。
配偶者ビザの更新について考える際に、次の伊丹万作の、配偶者について書いた著作権切れの記事が参考になります。
妻のもののしまい方は普通の世間並とは大分違う。普通の人なら大概たんすにしまう品が食器棚にはいつていたり、流しの棚にあるはずのものが冷蔵庫にしまつてあつたりする。だから彼女の不在中にものを探しあてることはほとんど絶望である。探す以上は一応我々の常識と因襲を全部脱ぎ棄てて、白紙にかえつて探さねばならぬが、そんなことは容易にできることではない。次に、彼女の物の置き方、並べ方はことごとく彼女の抱いている美の法則によつて支配されているので、実用上の便宜というものは一切無視される。どんな不便を忍んでも彼女は自分の美を守り通そうとする。ときに私が抗議を申し込んでみてもとうていむだである。
 料理。結婚当初の半年くらいは、晩飯の食卓に料理が十品くらい並んでいた。ほかに何もすることがないので、私の働いている間中、晩飯のこしらえばかりやつていたのである。しかし、いつのまにか、だんだん品数が減つて、子供の世話に追われるころには「今日は沢庵だけよ」などということになつてしまつた。その子供も今は手が抜けて、妻はふたたび豪華な食卓を飾りたくてたまらないのであろうが、いかにせん、何も材料がなく、あつても買えなくなつてしまつた。
 妻の料理の中で最もうまいのは、何といつても郷土風のちらし寿司である。季節は春に止めを刺すので、材料はたい、にんじん、たけのこ、ふき、さやえんどう、しいたけ、玉子焼、紅しようが、木の芽などである。
 洋風のものではフランス料理を二つ三つ聞きかじつて知つている。ただし、おでんと天ぷらだけは亭主のほうが造詣が深い。
配偶者ビザ 更新は、信頼できる行政書士さんにお願いしている我が家です。

関連記事

NPO法人 葛飾区
NPO設立 葛飾区と一口に言いますけど、千葉に面しているので、東京と言ってもちょ...
横浜入国管理局への招待
品川の入国管理局と横浜の入国管理局は京急線の沿線とも言えるので、実はそうたいして...
配偶者ビザ 更新
配偶者ビザ 更新の時期がやってきました。実は、私の妻は、日本人の配偶者のビザを、...
アポスティーユ代行
アポスティーユ代行をお願いしようかと思っています。自分であれこれ調べていたのです...
配偶者ビザ
配偶者ビザ、いただきました!いやー、ほんと、これを頂くまでは夜も眠れない感じでし...